+サイバーリスク保険(オプション)

個人情報漏えい保険

個人情報の漏えいまたはそのおそれが発生し、貴社が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害と、謝罪広告掲載費用やお詫び状作成費用等の事故対応のために支出した費用損害を補償する保険です。

* マイナンバーを含む、従業員・アルバイトの個人情報も対象となります。
* 「従業員」「委託先事業者」の不正行為による漏えいや、廃棄された「記憶媒体」からの漏えいも対象となります。
* 法人情報の漏えいまたはそのおそれによる損害も補償します。(「法人情報漏えい担保特約条項」を付帯して頂く必要があります。)
* クレジットカード番号漏えいによる賠償責任も補償します。(クレジットカード番号等漏えい危険担保特約条項)を付帯して頂く必要があります。


≪ サイバーリスク保険とは ≫
サイバーリスク保険は、セキュリティ事故に起因して発生した各種損害を1つの保険で包括的に補償します。

① 包括的な補償
② 不正アクセス等の“おそれ”の調査費用も補償
③ 海外提起の損害賠償請求訴訟も補償
④ 利益損害・営業継続費用も補償(※オプション)
⑤ 保険以外のサービスのご提供(※「サイバーリスク総合支援サービス」がご利用いただけます。)
■サイバー攻撃とは

・標準型メール攻撃
主にマルウェア付きの電子メールを用いて特定の組織や個人を狙う攻撃です。

・ランサムウェア
PC内のファイルを暗号化したり、PCをロックしたりすることで、業務継続を困難にし、元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求するマルウェアです。

・ウェブサイト改ざん
組織のウェブサイトに外部から侵入し、ウェブサイトの内容を書き換えてしまう攻撃です。

・DDoS攻撃
複数個所から同時に大量の通信を発生させ、インターネットサイト等を利用できなくする手法です。

・盗難・紛失/メール誤送信
PCやUSBメモリの盗難・紛失・またはメールを関係の無い社外の人に誤って送信する等、組織内部の人間の過失により発生する事故です。

・内部不正
組織内部の人間が、個人情報や営業機密を社外に不正に持ち出す等の行為です。